コスパ最強!? 9,000円のTOMOUNT 2-3人用テント

キャンプ

皆さん、こんにちは!

だんだんと暖かくなってきましたのでそろそろ寒いのが苦手な方もキャンプに行き出したのではないでしょうか。本日は、先日購入しましたTomountというメーカーの2-3人用テントについて紹介します。

楽天、Yahooショッピングでも売っていますが、本記事投稿現在では圧倒的にAmazonが一番安いです。(購入時もそうでした。)

まず、TOMOUNTとは

概要

  • 2021年設立の新しいメーカー
  • 東京が本社である日本のメーカー
  • 会社名は、TOMOUNTアウトドアテクノロジー株式会社
  • https://www.mcoutdoor.net/

商品の種類

Amazon.co.jp : TOMOUNT

テントやコット、タープなど大きなものから

Amazon検索画面

テーブルやイス、水筒まであります。

Amazon検索画面

個人的に色やデザインが好みのものが多いです。

Amazon検索画面

そして、全体的に評価が高い!!

Youtubeで検索してみると動画がたくさんあるだけでなく、たくさんキーワードがあり大勢の人に検索されていることがわかります。

テントについて

概要

  • とにかく軽い!!重量2.4kg
  • コンパクト(収納時長さ43cm ✕ 直径15cm)リュックにも入るレベル
  • インナーテントの上半分がメッシュ
  • 耐水圧3000mm

自分にとっての魅力は軽さです!テントとは思えないほど軽いです。車からサイトまで遠いときは嫌になってしまう荷物運びも、ついでにこれも持っていっちゃいおうという気持ちでテントも運ぶことができます。また、コンパクトさも魅力の1つで、車に置きっぱなしでも全然気にならないコンパクトさなのも素晴らしいです。

内容物

フライシート×1
インナーテント×1
テントペグ×13
ポール×2
ロープ×4
収納袋×1

大きさ

220x(50+140+40) x 高さ110cm

Amazon商品画像

上の画像はAmazonの商品ページの画像ですが、220✕140cmがインナーテントの底の部分の面積です。中にセミダブルのインフレーターマットを置いてもまだスペースがあり、荷物を置くことができます。そのため、大人二人で寝ても全然窮屈に感じません。

ちなみに、50cmと40cmと書かれている部分はフライシートとインナーテントのすき間で、ちょっとした前室です。例えば、50cmの方(ポップアップできる側)にイスや焚き火台をしまって、40cmの方に靴をしまっておくということもできます。出入りはどちら側からもできます。

中の広さがわかるように簡単に動画を撮りました。

組み立て・片付け

組み立ての手順は収納袋の内側にタグのような形で付いています。

キャンプ経験がほとんどない彼女も説明書を見ながら1人で10分もかからず組み立てることができましたので、簡単かつ強い力がなくても組み立てが可能なテントだと思います。

片付けも同じく簡単にできますが、収納袋がそこまで余裕がある大きさではないので、雑に片付けると収納袋に収納が難しくなることがあります。フライシートもインナーテントもある程度しっかり空気を抜きながら丸めたら収納できます。

少しではありますが、組み立ての様子をこちらの動画で見ることができます。

このテントの感想

・自分はソロキャンプときどき彼女とキャンプなので、大きさがちょうど良い

・軽くてコンパクトなのが本当に楽

・組み立て、片付けが簡単で1人ですぐにできるのが良い

・インナーテントの上半分がメッシュだが、以前使っていたアメニティドームと比べて特別寒いとは感じない

・雨のキャンプで利用したが、全く問題なし

もう少し高くても全然違和感ないと思うほど良いです。 

買って良かったです!!

このテントを買ったら一緒に揃えたいもの

もっと安心してこのテントを使うためには以下の2つがあると良いです。

・グランドシート

こちらの商品のMサイズがサイズ的にちょうど良い(インナーテントのサイズより少し小さい)です。収納袋もついているの点、軽い点が魅力です。

・ペグ

付属のペグはプラスチックの小さいペグなので少し心細いです。Soomloomのペグが安くてしっかりしているので愛用しています。25cmの16本セットで2,000円ほどなのでお買い得です。

紹介は以上です。楽天、Yahooショッピングでも売っていますが、本記事投稿現在では圧倒的にAmazonが一番安いです。(購入時もそうでした。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました